OEM製造って何?

OEM製造(Original Equipment Manufacturing)とは、受託加工会社(通称:OEM会社)が依頼者であるお客様(販売会社;依頼会社)の商品(他社ブランド)の製造・供給するものです。健康食品サプリメントの場合、主にオリジナルの商品設計・デザインで、依頼者のお客様の好きなように作られます。

※健康食品サプリメントのOEM製造では、受託加工会社が商品設計などの提案も行うODM(Original Design Manufacturing)が一般的に行われています。

OEM会社には、自社工場の有無、工場の設備・規模や取得認証などにより、得意分野も異なってきます。
OEM会社の選定は、工場の規模などを加味して、的確に行う必要があります。まずは、各OEM会社の特徴をまとめてみました。

OEM会社の特徴

大手受託加工会社

売上100億円以上で、複数の自社工場を保有したOEM会社です。

コンプライアンス面もしっかりしており、品質管理基準も厳しいです。
基本、大手販売会社の受託加工を中心に請け負っております。

多くの剤形に対応しており、供給キャパは大きいですが、最小ロット設定も大きいのが特徴です。
大きいロットにならないと安くならない傾向もあり、小規模ビジネスには、適していません。
最小ロットで3000~5000個、経済ロットで1~3万個というのが一般的です。

適正販売者の概算売上:10億円以上

剤形別の概算バルク最低ロット

・錠剤:100kg

・ハードカプセル:10万粒

・ソフトカプセル:10~20万粒

・顆粒:100kg

中堅受託加工会社

売上50億円以上100億円未満で、自社工場を保有したOEM会社です。大手販売会社の受託加工だけでなく、中小企業の受託加工も請け負っていることが多々あります。

それなりの供給キャパを有していますが、剤形によって得意不得意があり、一定の剤形のみ、大きな供給キャパを有していることがあります。錠剤や顆粒などの受託は行わず、カプセルに特化した会社も存在します。

単品通販など、多くの商品(剤形)で展開する予定がなければ、良いパートナーになり得ます。

大手受託加工会社ほど最小ロットは大きくないですが、小規模ビジネスには、ちょっと最小ロットが大きいケースもあります。一方、小規模ビジネスに対しても、それなりのスピード感をもって対応してくれる会社も存在します。最小ロットで1500~3000個、経済ロットで1万個というのが一般的です。

剤形別の概算バルク最低ロット

・錠剤:60kg

・ハードカプセル:5万粒

・ソフトカプセル:10万粒

・顆粒:60kg

企業掲載

今後、企業例を紹介したいと考えております。原料事業で弊社とお取引のある受託加工会社様で、掲載をご希望される場合、弊社栗山までお問い合わせくださいませ。

中小受託加工会社

50億円未満で、自社工場を保有したOEM会社です。中小企業だけでなく、零細企業や個人事業主の案件も多く請け負っています。 中堅受託加工会社と同様、剤形によって得意分野があります。

供給キャパは、大手・中堅受託加工会社に劣りますが、小ロットに対応しているのが強みです。ただし、小ロットから比較的安いという理由もありますが、ロットが大きくなっても、それほど安くならない傾向があります。最小ロットで500~1000個、経済ロットで5000個というのが一般的です。

剤形別の概算バルク最低ロット

・錠剤:30kg
・ハードカプセル:3~5万粒
・ソフトカプセル:8~10万粒
・顆粒:30kg

セットアップ工場(充填・包装専門工場)

自社工場を保有していますが、錠剤やカプセルの製剤設備を持たず充填・包装のみを行うOEM会社です。中小受託加工会社(極稀に中堅受託加工会社)の一部が該当します。

※食品は、最終的に包装を行った会社が製造者になります。

得意剤形の幅が広く、最小ロットが比較的小さいケースが多いです。提携先の製剤加工工場があり、大きなロットでない限り、コストに大きな差はございません。

製剤専門加工工場

錠剤やカプセルの製剤設備だけを持つ工場です。セットアップ(充填・包装)を行わないため、販売者からの受託加工を受けることは、ほぼありません。主にOEM会社の下請けです。製剤専門加工工場の主な顧客は、セットアップ工場であり、複数のセットアップ工場と取引しています。

極稀に、大手・中堅受託加工会社の下請けも受けていることもあります。

ファブレス企画会社

自社の工場を持たず、提携先などに製造を委託し、商品を供給するOEM会社のタイプです。

案件規模や案件の特徴により、最適な工場を選定して製造を進めることが可能です。自社工場を保有していると、自社工場を使わざる負えない状況が生じますが、そういった問題も起こりにくいです。

企画力だけ勝負している会社さんも存在しますが、中には、原料メーカーのOEM事業のように、原料という武器を持ってサービス提供を行っている会社も多く存在します。

勝っているファブレス企画会社には、何らかの勝っている理由が存在します。その理由を見極めて、上手く利用するのが良いでしょう。

なお、最低ロットや経済ロットは、利用される協力工場によって異なってきます。基本、利用される協力工場の最も小さなロットが最小ロットになります。小ロットに対応した会社もあれば、大手受託加工会社と提携し、大きなロットにしか対応していない会社も存在します。

OEM会社の選び方

まず、スタート時の製造ロットから適正な受託加工会社の目安を知りましょう。

スタート時の製造ロット別の最適受託加工会社

3000個以上大手受託加工会社、中堅受託加工会社
2000個以上大手受託加工会社、中堅受託加工会社、中小受託加工会社
1000個以上中堅受託加工会社、中小受託加工会社
1000個未満 中小受託加工会社

次に、どんな剤形の商品を作るか決めましょう。

各受託加工会社は、得意剤形が存在します。例えば、カプセルは得意だけど、錠剤加工は下手という会社や顆粒の味付けが全くできないという会社も存在します。また、自社で製剤設備を持っていない会社も存在します。

一方、自社で製剤設備を持っていない会社(セットアップ工場やファブレスのOEM会社)は、得意分野の製剤加工会社(主に製剤専門会社)に委託しているケースも多いため、製剤設備を持たないからと言って、選択肢に入らない訳ではありません。

例えば、原料メーカーのOEMのように、ファブレスのOEMでも、一定の原料を多く配合する場合、価格競争力も兼ね備えた良い商品を作れるケースもあります。

OEM会社選びのケーススタディ

1600個  

ハードカプセル
少ロット対応の中小受託加工会社
21000個  

錠剤
中小受託加工会社
31500個  

錠剤
錠剤が得意な中堅受託加工会社もしくは中小受託加工会社
43000個  

ソフトカプセル
ソフトカプセルが得意な中堅受託加工会社もしくは中小受託加工会社
55000個  

ハードカプセル
カプセルが得意な大手受託加工会社もしくは中堅受託加工会社、中小受託加工会社
620000個 

ソフトカプセル
大手受託加工会社もしくはカプセルが得意な中堅受託加工会社